さぁやのブログ

写真と文章が好きなアラサー女子の日常ブログ。

ブログ引っ越しました。

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

 

さて、この度ブログをお引越しすることとなりました。

新しいブログは、こちらです。

さぁやのブログ -

 

もっともっと充実した、楽しいブログにしていきますので、

ぜひ遊びに来てくださいね!

 

また、

このサイトは、2017年8月12日を以って閉鎖します。

 

これまでありがとうございました。

 

                     2017年8月1日 さぁや

SNS用プロフィール文を魅力的になるように変えてみた。

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

 

今日は、Twitterのプロフィールを一目見て、

来訪者が一瞬で「フォローしたいっ!」と思わせられるような

文に変えましたので、その過程をご紹介します。

 

f:id:saayanoblog:20170730200418j:image

 

Twitterのプロフィール文字数は160字ですので、

この中に魅力をギュッと詰め込まなければなりません。

それも、読んでくれた人が「この人なんか面白そう!」

思ってもらえるような文でなければいけません。

 

なぜなら、フォロワーを増やしたいからです。

 

それでは、どうやったらいいのか?

 

Takuma(ぐっちー) (@takuma_drone) | Twitterさんの

方法を真似て、やってみたいと思います。

ぐっちーさんの記事の流れに沿って、やってみます。

※参考にした記事は、この記事の最後にご紹介してます!

 

これまでのわたしのプロフィール文はこちら。

 

f:id:saayanoblog:20170730201637p:plain

 

では、実際に変えていきましょう。

 

●作成過程

①まずは自分のアピールしたいことをひたすら列挙

②列挙した中でどこを1番強調したいか考える

③列挙した中でどこを削るかを考える

●ポイント

 謙遜しない

 決意をしない

 抽象度をあげない

 数字を盛り込む 

 親近感が湧くような構成にする

 

①まずは自分のアピールしたいことをひたすら列挙

・高校帰宅部だったわたしが、スポーツ系大学へ入学

・大学でヨット部に入り、全国大会入賞

・国体出場

ロンドン五輪活動へのオファーをしてもらう

・ヨット大好き

・海大好き

・大学卒業後、大学の体育教員として3年働いた

ピラティスインストラクターとしてフリーランス活動をした

外資系金融機関でフルコミッションの営業で働いた

・宿曜占星術動物占いを用いて自己分析をした

・人間関係のストレスを減らすポイント知っている

・現在の営業職に転職後、2年で昇格/売上社内1位になった

・ブログで情報発信している

・沖縄離島出身の彼と結婚して、その島に移住する

・文章を書くのが好き

・“光の魔術師”というコンセプトで、一眼レフカメラで写真を撮るのが好き

・小型船舶免許保有

・お酒大好き

・料理好き

・茶道を嗜んでいる

・17年間ピアノを習っていた

・9年間バレエを習っていた

・結婚する人は、“沖縄の人”と決めている

 

②列挙した中でどこを1番強調したいか考える

 1番強調したいところは、一眼レフカメラと文章が好きだ、

ということです。なぜなら、ライターとしての仕事が欲しいからです。

 将来、沖縄の離島に移住してもPCさえあれば仕事ができるように

しておきたいのです。

 

●自分の収益化のポイント

アフィリエイトアドセンス、ライター業 なので、

これに関する人を集めたいのです。

 

③列挙した中でどこを削るかを考える

 一眼レフカメラと文章のこと以外。   

 

さて、上記で整理した情報を元に作成した

新しいプロフィール文がこちら。

↓ 

 

それでは、このようにまとめ上げた、ポイントを解説していきます。

・86年生まれ、営業歴5年。

→同年代だ!という親近感を持ってもらい、

 何をしている人かを明らかにする。

 

・フルコミ給料2万円時代を経て、転職後2年で昇格・売上第1位。

→え、なにそれ、というギャップを使うことで、

 興味を引いている。

 

・“光の魔術師”というコンセプトでの一眼レフ撮影が好き。

→カメラ好きをアピール。

 

・現在、人口150万人の福岡市に在住だが、

 近く結婚して人口1,200人の沖縄の離島に移住予定。

→え、すごい人口差だな、というギャップを使うことと、

 沖縄好きな人/沖縄離島ファンの興味を引いている。

 

まとめ 

 これから、ブログをもっと盛り上げていきたいので、

まずはTwitterのフォロワー数や、Twitterからの流入を増やして

いきたいので、プロフィールを更新してみました。

自分のことを棚卸ししたり、何を一番アピールしたいのかを考えたり、

160字にまとめ上げるには、どうしたらいいか、などを

考えるのにとっても時間がかかりました。

しかし、その作業を行うことで、自分が何に興味があるのか、

どういうコンセプトでブログを運営していきたいのか、

ということが明確になりました。

 ブログを始めたばかりの方や、自己アピール文を作りたい人に

最適なので、ぜひやってみられることをお勧めします。 

 

参考にさせていただいた、ぐっちーさんの記事は、

こちらから。

<参考にした記事>

takku529.com

  

体育会出身者の為の転職エージェント【スポナビキャリア】

 

この記事を書いた人

twitter.com

 

 

4ヶ月会ってないからそろそろ会いたい〜遠距離恋愛中。

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

 

少し前までやっていた別のブログで、今お付き合いしている

彼とのやり取りを割と生々しく書いていたのですが、

文章がキラキラしてて、めっちゃ面白かった!

いつか、このブログでもご紹介できる日が来るのを楽しみにしています。

 

 f:id:saayanoblog:20170727235417j:image

 

さて、最後に彼に会ったのが4ヶ月前で、

その後ゴールデンウィークに突入、

彼の仕事が繁忙期になり、県外へ短期間の研修に出たかと思いきや

正式に数ヶ月間の県外異動になり、

彼が新しい環境に慣れるまでの間、しばらくペースが崩れていました。

 

最近はようやく新しい環境に慣れてきたかな?という

節もありつつ、お付き合いの段階として次のフェーズへ移ってきて

いるのかな、という気がしています。

 

超絶マイペースな彼の気分に合わせていくのは、

ちょっと大変。

これがまた、マメに会えていればいいのですが、

なかなか会えていないし、電話もしないものだから、

余計に大変。

 

結局、彼を取り巻く環境が目まぐるしく動く中、

わたしは環境が激変したりしていないので、これまでの

調子でいるのです。

要は、暇人ってことです。

連絡来てないかな〜とイチイチ気になっている間に1日終わる、

みたいなね。

 

でも、今週は友人たちを招いて、うちでホームパーティをするのです。

前日から仕込みをしたり、当日は午前中は茶道のお稽古に行き、

帰って来てから料理の準備!

ですから、あっという間に週末が過ぎていきそうです。

 

でも、やっぱりそろそろ会いたいな〜。

 

みなさんは、会えない期間はどのような意識で過ごして

いらっしゃるのでしょうか?

 

この記事を書いた人

twitter.com

クレーマー対応中なので、クレーマーの心理を学んでみた。

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

 

わたしは普段営業職をしていますが、

今朝、朝一番でクレームの電話がかかってきました。

 

お客様「これから工事するんだけど説明書に何にも書いてないんだけど、

これじゃ工事できないよ、今すぐ持ってきて。納期も迫ってるんだから、

お宅が工事してよ」

わたし「資料をメールで送らせていただきたいと思いますが、

メールは受信出来ない状況でしょうか」

お客様「これまでも何回もこういうことあってんのよ、クレームになって

るんだから、椅子に座ってないで持ってきてって言ってんの!」

との言い分。

しょうがないか、と準備をしていたらまた電話があり、

お客様「さっき、送られてきた荷物の中を見たら資料あったわ」

とのことで、一件落着し、事なきを得たのですが、

ソッコーでクレームに折れたわたしです。笑

 

とまぁこれはまだマシな方。

このほかに、とんでもないクレーマーにあたっていて、

正直気が滅入っていました。

 

ただ、クレームには立ち向かうしかないので、

腹をくくって、全部聞いて謝ろう!と決め、

ネットで対策を探していましたら、面白い記事を見つけました!

 

それは、元悪質クレーマーが語る、

クレームのつけ方とその対処法です!

 

元悪質クレーマーが自分で録音していたものが

文字起こしされていて、とにかく臨場感がすごいです。

 

 f:id:saayanoblog:20170726233110j:image

 

目次

1.クレーマーの具体例

・化粧品で肌荒れを起こした話

・スーパーの弁当のタルタルソースが飛び散った話

・冷えないクーラーの話

 

2.クレーマーの心理

①最初に怒鳴りつけて、相手を自分のペースに巻き込む

②店長出せ、は決定権のある人に交渉したいから

③ときには優しい口調になる 

④責任を転嫁する

⑤自宅に呼びつけるのは、自分のペースに巻き込みたいから

 

まとめ

 

1.クレーマーの具体例

・化粧品で肌荒れを起こした話

 家に呼びつけて、4時間ごねるってすごいな。

昨日聞いた、「90分説教くらったんですよ」に

「マジか」と思っていたけど、4時間と聞いたら

笑えてきた!

 そういえば、クレームじゃないんだけど、

学生の頃部活で先輩に怒られて、

木の板に正座させられて3時間説教食らったっけな〜。

足しびれたよね、さすがに。。。 

 

・スーパーの弁当のタルタルソースが飛び散った話

 これは、ちょっとすごいなー。

でも、店長さんの対応が素晴らしい!

わたしなら、「何言ってんのこの人」となって、

こんな理不尽なクレームに対して

「申し訳ございません、クリーニング代はお支払いいたします」

なんて言えない。経験値から来る対応力なのだろうか。

 

・冷えないクーラーの話

 13畳の部屋に、8畳用のクーラーを取り付けて、

効かない、とクレームをつけ点検員を呼ぶ。

13畳用のクーラーに取り替えるまで帰さない、というのが

怖すぎる。4時間粘って、とうとう点検員が折れて後日大きな

クーラーが届いたとのこと。

 一人でクレーマーにつかまると、早くこの状況から

解放されたいがために相手の要求を飲んでしまおうかという

心理になるとのこと。

だが、クレーマーもこの状況でクレーム成功する確率は

五分五分とわかっており、対応がゆるいメーカーだったらラッキー、

という感じ、とのこと。

こんな心理があるのだと知っていれば、こちらも粘れそうですね。

  

読んでいると、「こんなクレームに当たったらキツイな〜」と

思うものばかりでしたが、これに近いようなクレームはたまに

あるので、とても参考になりました。

 

 ちょっと度を越したクレームの数々に唖然としつつ、

「そもそもなんでこんなクレームつけるんやろう?」と

クレーマーの心理にも興味を持ったので、

引き続き、クレーマーの心理についての記事も読み進めました。

 

2.クレーマーの心理

①最初に怒鳴りつけて、相手を自分のペースに巻き込む

  クレーマーの要求を飲んでもらうために、相手をパニックにさせる

のが目的。落ち着いて話を聞くのがポイントだそう。

 

②店長出せ、は決定権のある人に交渉したいから

 できるだけ早く結論を出させたいというクレーマーの思惑に

乗らないために、できるところまでは自分で対応する。

 

③ときには優しい口調になる

 クレーマーも怒ってばかりでは、交渉成立しないことを

知っているので、時折優しい口調になるのだそう。

優しい口調になったら、交渉に入りたがっている、ということらしい。

だけど、これは本心ではないので要注意。

優しい口調になったら、次のステップへ進んでいるということで、

安心するのではなく、むしろ警戒した方がいい、とのこと。

 

④責任を転嫁する

 たとえ、自分に非があっても(使ってたら壊れてしまったなど)、

絶対に非を認めず、責任を転嫁するそうです。

(こんな商品作るのおかしいよ、など)

こちらに非がないとわかったら、1ミリでも首を縦に振っては

いけないそうです。

 

⑤自宅に呼びつけるのは、自分のペースに巻き込みたいから

 どうしてもいく必要がある場合は、複数で行くこと。

長時間軟禁や理不尽な要求を怒鳴ってきたりする可能性があるから。

 

まとめ

その1

クレーマーは、単に怒鳴り散らしているわけではなく、

自分の要求があって、そこに到達するために、怒鳴ったり優しい口調に

なったりしながら相手を揺さぶり、最終的に自分の要求通りになるように

頭を働かせている。

 

その2

怒鳴ることで、相手はこちらのペースを崩しにきているので、

そのことを理解して、毅然とした態度で対応する。

 

その3

上司や店長などの決定権のある人を最初から出さない。

相手の要求が思う壺になる。 

 

いかがでしたでしょうか?

 

個人的にはすごく勉強になりました。

 

このことを頭に入れて、クレーマーにあたるのと、

いきなりクレーマーに怒鳴り散らされるのでは、

心の余裕が違いますね。

 

この記事の素晴らしい引用元はこちらです。

ひょんなことから元悪質クレーマーと知り合いました(はじめに):元悪質クレーマーに聞いた、クレーム必勝法

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いた人

twitter.com

夏休みの予定 in 2017

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

 

社会人の夏休みはなぜこうも短いのでしょうか。

 

今年の夏は、7日間のお休みがありますので、

その間に何をしようかという計画を立ててみたいと思います。

 

基本スタンス:外出しない

お休みの時期はどこも人が多いので、あまり出かけない派。

今年は例年以上に引きこもって、ブログの執筆活動に勤しもうと思っています。

 

f:id:saayanoblog:20170725221256j:image

 

やりたいこと

  1. ブログ記事の量産
  2. プログラミングの練習
  3. はてなブログをProへ移行
  4. Googleアドセンスを活用

 

わたしのバイブルを片手に、この休みには上記のようなことに

取り組みたいと思います。

 

1.ブログ記事の量産

 まずは、マネタイズするにもファンを増やすにも、

わたしという人間がどういう人間なのか、というものを知ってもらう

必要がある。だから、自分の考えていることや興味のあることについて

どんどん発信していく必要がある。

Twitterをたくさんつぶやくのもいいけど、ブログに考えをまとめて

おくのも大事なこと。しかもある程度まとまった時間がないと

ブログ記事はアップできないので、時間がある時に量産しておこう、

というもの。

 それから、ブログ初期の頃は専門性など求めなくていい。

タクスズキさん曰く、一年も書いていれば専門性はそのうち出てくる、

ということで、今はひたすら量産することを意識します。

その時は、ゴミのように見えても後で加筆・編集すればそれは資産に

なります。

 

で、肝心なのが、その記事数なのですが、

7日間の休みで、何件書こうかというものです。

100件だと、約14.3件/日

50件だと、約7件/日

うーん、夏休みが開始する15日間の間にネタをストックしまくれば、

7日間で100件も、いけるのかな?

文字数は1,500文字基準(←ここまでで約900文字)として、

質は落とさないようにしたい。

 

でも、アホみたいなこの挑戦、やり切ったらすんごい達成感あるのかな、

とか密かに人生ネタづくりをしようと目論んでいたりする。

 

2.プログラミングの練習

 わたし、プログラミングって全くの初心者なんですけどね、

よく拝見してるブログで見かける、

文章の途中に、顔写真を丸く切り取った横から吹き出しが出て、

あたかもその人がしゃべっているかのように見えるやつあるじゃないですか、

あれ、やりたいんです!!

それをやるためのプログラミングが難しいのか否かはさておき、

できるようになりたい、と思っています。

 

 色んなプログラミングが出来るようになったら、

うるぞーさんみたいに、出勤義務は無いけど

お給料もらえる方法もあるだろうし、

 

誰かがブログをカスタマイズしたいからお願い!と頼まれた時に

やってあげられるだろうし、自分のブログももっともっと

素敵にカスタマイズできるだろうし、幅が広がりますね!

 

3.はてなブログをProへ移行

 これは、独自ドメインを取得したいけど、

まずは記事を書くことに集中したいので、

WordPressではなく、はてなブログでProへ移行することに

チャレンジしてみようと思います。

 

4.Googleアドセンスを活用

 これも広告収入の一種で、Googleアドセンスの申請はして

無事に通過したものの、そもそもGoogleアドセンスって何?

というものあるし、どうやって活用していいかもわからないので、

このあたりの理解を深めていき、自分のブログに盛り込んでいきたいと

思います。 

 

 これらは、全てタクスズキさんの本の影響ですね。

  

 

 毎度毎度書いているのですが、

この本の中身が充実しすぎていて、一つずつちょっとずつ

進めていくしかなくて、バイブル化していて、

ことあるごとに読み返しているのですが、

お盆休みを活用して、大幅に駒を進めていきたいと

思います。

 

 というわけで、今年の夏休みは、完全に引きこもりになって、

ブログの量産と、プログラミングスキルを習得していきたいと思います。

 

プログラミングスキルの習得を盛り込むなら、

7日間でブログ100記事は、無理かな〜〜。。

 

ん〜〜、何か方法があるはずだ!

考えよう!

 

この記事を書いた人

twitter.com

ブログが書けない時にやってること。

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

 

今月は、毎日ブログ記事をアップしているので、

今日も何かしら書きたいと思うのですが、

全然浮かばないまま、日付を越すまでのタイムリミットが

あと1時間に迫っているところです。

 

f:id:saayanoblog:20170724230918j:image

 

ブログが書けない時にわたしがやることは、

①人のブログを見に行く

 この時は、普段あまりチェックしてないブロガーさんの

 記事とかも見たりして、新しい刺激が無いかを探す。

 

Twitterで面白い事を呟いている人がいないかを探す

 この時、新しくフォロー先が増えたりする。

でも、記事が書けるに至るような呟きに出会えるのは、

その時のタイミングによりけり。

 

でも、今日のこの記事は、まさに②のパターンですね。

Twitterを見ていましたら、プロブロガーのあんちゃさんが

過去記事をアップしていて、それがヒントになりました。

その記事がこちら。

 

③自分の好きなものってなんだったかな、を探す

 家にあるものを見渡したり、普段こだわって使っているものを探したり、

好きなアーティストのことを思い出してみたり。

 でも、こういう時に探す“好きなもの”って、

なんか自分的に嘘っぽくなる、無理矢理感が出る感じがするので、

大抵却下して、ブログ記事のストックに回している気がします。

 

④携帯ゲームをしてゴロゴロする

 数回やったところで、結局やっぱりネタ探しを始める。

 

●ブログが書けない理由って?

 そもそもなんでブログが書けないのか、ということも考えてみた。

それは、頭の中が心配事に占領されているから

この理由が一番多い気がします。

要は、ブログを書くモードになってない。

で、どうかすると、闇的ブラックな記事を書きそうに

なるので、そこは「その話題、今書くととんでもなく

ブラックな記事になるからやめよう」と、自分に言い聞かせる。

 

そんなところでしょうかね。

 

でも、なんだかんだで今日もちゃんと記事書けたので、

「書こう」とすることが大事なんだな、と思います。

「書こう」とするだけで、脳は「そうしよう!」と

キャッチし、無意識のうちにも行動していますからね。

 

 別に今日、記事を書かなくても良いわけで、

でも書きたい自分がいるわけで、

書きたいなら、どうにかネタを見つけてくれば良いわけで、

今の冴えない頭でもボーッとでも良いから何か探せば

ふとしたところにヒントはあるわけで。。

ということで、なんだかんだで1,000文字を超えてきました。

通常1,500文字程度を目安にしていますので、上出来です。

 

さ、今日もブログ書き終わったので、

頭の中を占領している、心配事についてとことん考えようか。

 

でも、だいたい、考えてもどうにもならないことは、

ちゃっちゃとアクション起こして片付けてしまった方が良いので、

明日はアクションを起こそう!

 

ということで、心配事についてとことん考えるのは辞めて、

明日のために寝よう。

 

 

この記事を書いた人

twitter.com

 

温燻で作る、自家製ベーコンの作り方!

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

 

今日は、一週間前に仕込んだベーコンを遂に、

燻製器にかけましたよーーーー!!!!

 

上手に出来、大満足でしたので、作り方をご紹介します!

 

f:id:saayanoblog:20170723195955j:image

 

作り方<燻製一週間前の仕込み編>

  1. ソミュール液を作る
  2. 豚バラ(500g)をつける
  3. 毎日揉み込む

 

作り方<燻製器で燻す当日>

  1. 約90分塩抜きする
  2. 約120分乾燥する
  3. 温燻用の燻製器の準備をする
  4. S字フックを刺して、いざ燻製器の中へ
  5. 燻しましょう

 

それではまず、燻製一週間前の仕込みから始めましょう。

 

<燻製一週間前の仕込み>

1.ソミュール液を作る

 ソミュール液とは、燻製を作る上で欠かせないもので、

長期保存を可能にするための塩漬け用の液です。

豚バラ肉・・・500g

塩・・・15g

あらびき胡椒・・・10g

砂糖・・・10g

ローレル・・・4枚

 

塩、あらびき胡椒、砂糖(今回は黒糖を使用しています)を

ボウルに混ぜ合わせます。

f:id:saayanoblog:20170723200333j:plain

 

混ぜ合わせた調味料を、500gの豚バラブロックに

なじませます。

f:id:saayanoblog:20170723200424j:plain

 

ローリエの葉。

f:id:saayanoblog:20170723200312j:plain

 

調味料をなじませた豚バラブロックと、

バランスよく配置したローリエジップロックなどの袋に入れます。

このまま、冷蔵庫で一週間寝かせます。

f:id:saayanoblog:20170723200815j:plain

 

2.豚バラ(500g)をつける

 液がよくしみ込むように、フォークで穴を開けると良い

そうですが、完全に忘れていました。

※レシピは、上記の通りです。 

3.毎日揉み込む

 これは、手が汚れるのがいやで、やらなかったのですが、

冷蔵庫に寝かせている豚バラブロックに

液がまんべんなくしみ込むように、毎日向きを変えました。

 

<燻製器で燻す当日>

1.約90分塩抜きする

一週間かけてたっぷり染み込んだであろう

ソミュール液の塩気を抜きます。

今回は、90分であげました。

この時、ブロックを2つに切りました。

f:id:saayanoblog:20170723192412j:plain

出来上がりは少し塩辛かったので、次回は3時間ほどは

塩抜きしたいと思います。

 

2.約120分乾燥する

 扇風機の前で2時間乾燥させます。

f:id:saayanoblog:20170723192507j:plain

2時間後。

表面が、干からびています。

f:id:saayanoblog:20170723192552j:plain

 

3.温燻用の燻製器を準備する

 燻製器を組み立て、受け皿にはアルミホイルをかぶせます。

これは、ベーコンが出来上がってくるにつれて、

肉の脂が落ちてくるとのことで、汚れを防ぐためです。

f:id:saayanoblog:20170723192643j:plain

 

今回行う温燻は、スモークウッドを使います。

お家のガスコンロで(もしくは、バーナーで)、

スモークウッドの角だけでなく全面に着火するようにし、

煙がで続けていることを確認したら、燻製器の中へセットしておきます。

 

今回、スモークウッドは、ヒッコリーを使いました。

癖がなく、上品に燻製された味わいです。

f:id:saayanoblog:20170723192750j:plain

ソト(SOTO) スモークウッド ヒッコリー ST-1554

 

食べた見た感じ、もうちょっと燻製っぽさが欲しいなら、

桜ウッドの方がオススメです。

ソト(SOTO) スモークウッド さくら 240g(80g×3) ST-1551

 

4.S字フックを刺して、いざ燻製器の中へ

 S字フックは、グサッと刺して大丈夫です。

吊るしてセットしましょう。

f:id:saayanoblog:20170723193140j:plain

 

f:id:saayanoblog:20170723193353j:plain

f:id:saayanoblog:20170723193444j:plain

f:id:saayanoblog:20170723193513j:plain

5.燻しましょう

 70〜80度の温度を保ちながら3時間燻します。

f:id:saayanoblog:20170723193325j:plain

f:id:saayanoblog:20170723193633j:plain

 

2時間くらい経った頃、我慢できずに取り出し、

味見をしてみましたが、ここで終えても良いくらいの

出来具合でした。

 

f:id:saayanoblog:20170723193734j:plain

f:id:saayanoblog:20170723193756j:plain

 

最終的には、3時間ほど燻したところで、スモークウッドの煙も

ほとんどなくなってきましたので、ここで終了。

f:id:saayanoblog:20170723194002j:plain

f:id:saayanoblog:20170723194028j:plain

 

取り出してみると、このように出来上がっていました。

f:id:saayanoblog:20170723194059j:plain

 

切ってみると、中まで綺麗に出来上がっています。

f:id:saayanoblog:20170723194137j:plain

 

●まとめ

 一応、ネットでレシピを調べながら、

初めて作ってみました。自己流になっているところがありますが、

塩抜き時間さえあともう少し長く取れれば、他の面については

特に問題なさそうで、美味しい自家製ベーコンができました!

ホームパーティで振舞っても喜んでいただけそうなレパートリーが

増えて、嬉しいです!

お盆に親族が集まる時にも、ベーコンを持って行って、

みんなで七輪で焼いて食べようと思います!

 

夜は早速、ベーコンを使ってチャーハンを作りましたら

大変美味でございました!

自分で作っているので、ベーコンの厚みをお好みで調整できるのも

魅力ですね! 

 

参考にさせていただいたブログ

豚バラ肉2キロで自家製ベーコンをつくろう。男の休日に燻製どうでしょう(意外と簡単です) - メシ通

温燻でベーコンの燻製を作る。自宅で作れる美味しいベーコン!

 

 

この記事を書いた人

twitter.com