さぁやのブログ

写真と文章が好きなアラサー女子の日常ブログ。

温燻で作る、自家製ベーコンの作り方!

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

 

今日は、一週間前に仕込んだベーコンを遂に、

燻製器にかけましたよーーーー!!!!

 

上手に出来、大満足でしたので、作り方をご紹介します!

 

f:id:saayanoblog:20170723195955j:image

 

作り方<燻製一週間前の仕込み編>

  1. ソミュール液を作る
  2. 豚バラ(500g)をつける
  3. 毎日揉み込む

 

作り方<燻製器で燻す当日>

  1. 約90分塩抜きする
  2. 約120分乾燥する
  3. 温燻用の燻製器の準備をする
  4. S字フックを刺して、いざ燻製器の中へ
  5. 燻しましょう

 

それではまず、燻製一週間前の仕込みから始めましょう。

 

<燻製一週間前の仕込み>

1.ソミュール液を作る

 ソミュール液とは、燻製を作る上で欠かせないもので、

長期保存を可能にするための塩漬け用の液です。

豚バラ肉・・・500g

塩・・・15g

あらびき胡椒・・・10g

砂糖・・・10g

ローレル・・・4枚

 

塩、あらびき胡椒、砂糖(今回は黒糖を使用しています)を

ボウルに混ぜ合わせます。

f:id:saayanoblog:20170723200333j:plain

 

混ぜ合わせた調味料を、500gの豚バラブロックに

なじませます。

f:id:saayanoblog:20170723200424j:plain

 

ローリエの葉。

f:id:saayanoblog:20170723200312j:plain

 

調味料をなじませた豚バラブロックと、

バランスよく配置したローリエジップロックなどの袋に入れます。

このまま、冷蔵庫で一週間寝かせます。

f:id:saayanoblog:20170723200815j:plain

 

2.豚バラ(500g)をつける

 液がよくしみ込むように、フォークで穴を開けると良い

そうですが、完全に忘れていました。

※レシピは、上記の通りです。 

3.毎日揉み込む

 これは、手が汚れるのがいやで、やらなかったのですが、

冷蔵庫に寝かせている豚バラブロックに

液がまんべんなくしみ込むように、毎日向きを変えました。

 

<燻製器で燻す当日>

1.約90分塩抜きする

一週間かけてたっぷり染み込んだであろう

ソミュール液の塩気を抜きます。

今回は、90分であげました。

この時、ブロックを2つに切りました。

f:id:saayanoblog:20170723192412j:plain

出来上がりは少し塩辛かったので、次回は3時間ほどは

塩抜きしたいと思います。

 

2.約120分乾燥する

 扇風機の前で2時間乾燥させます。

f:id:saayanoblog:20170723192507j:plain

2時間後。

表面が、干からびています。

f:id:saayanoblog:20170723192552j:plain

 

3.温燻用の燻製器を準備する

 燻製器を組み立て、受け皿にはアルミホイルをかぶせます。

これは、ベーコンが出来上がってくるにつれて、

肉の脂が落ちてくるとのことで、汚れを防ぐためです。

f:id:saayanoblog:20170723192643j:plain

 

今回行う温燻は、スモークウッドを使います。

お家のガスコンロで(もしくは、バーナーで)、

スモークウッドの角だけでなく全面に着火するようにし、

煙がで続けていることを確認したら、燻製器の中へセットしておきます。

 

今回、スモークウッドは、ヒッコリーを使いました。

癖がなく、上品に燻製された味わいです。

f:id:saayanoblog:20170723192750j:plain

ソト(SOTO) スモークウッド ヒッコリー ST-1554

 

食べた見た感じ、もうちょっと燻製っぽさが欲しいなら、

桜ウッドの方がオススメです。

ソト(SOTO) スモークウッド さくら 240g(80g×3) ST-1551

 

4.S字フックを刺して、いざ燻製器の中へ

 S字フックは、グサッと刺して大丈夫です。

吊るしてセットしましょう。

f:id:saayanoblog:20170723193140j:plain

 

f:id:saayanoblog:20170723193353j:plain

f:id:saayanoblog:20170723193444j:plain

f:id:saayanoblog:20170723193513j:plain

5.燻しましょう

 70〜80度の温度を保ちながら3時間燻します。

f:id:saayanoblog:20170723193325j:plain

f:id:saayanoblog:20170723193633j:plain

 

2時間くらい経った頃、我慢できずに取り出し、

味見をしてみましたが、ここで終えても良いくらいの

出来具合でした。

 

f:id:saayanoblog:20170723193734j:plain

f:id:saayanoblog:20170723193756j:plain

 

最終的には、3時間ほど燻したところで、スモークウッドの煙も

ほとんどなくなってきましたので、ここで終了。

f:id:saayanoblog:20170723194002j:plain

f:id:saayanoblog:20170723194028j:plain

 

取り出してみると、このように出来上がっていました。

f:id:saayanoblog:20170723194059j:plain

 

切ってみると、中まで綺麗に出来上がっています。

f:id:saayanoblog:20170723194137j:plain

 

●まとめ

 一応、ネットでレシピを調べながら、

初めて作ってみました。自己流になっているところがありますが、

塩抜き時間さえあともう少し長く取れれば、他の面については

特に問題なさそうで、美味しい自家製ベーコンができました!

ホームパーティで振舞っても喜んでいただけそうなレパートリーが

増えて、嬉しいです!

お盆に親族が集まる時にも、ベーコンを持って行って、

みんなで七輪で焼いて食べようと思います!

 

夜は早速、ベーコンを使ってチャーハンを作りましたら

大変美味でございました!

自分で作っているので、ベーコンの厚みをお好みで調整できるのも

魅力ですね! 

 

参考にさせていただいたブログ

豚バラ肉2キロで自家製ベーコンをつくろう。男の休日に燻製どうでしょう(意外と簡単です) - メシ通

温燻でベーコンの燻製を作る。自宅で作れる美味しいベーコン!

 

 

この記事を書いた人

twitter.com